トップ / 歯科で口内の健康を維持

今の歯科は怖くない

歯科で口内の健康を維持

歯科嫌いを克服する方法

子供の頃から歯の治療だけは苦手って思う方も多いと思いますが、現在の歯科医療は一昔に比べ飛躍的に進歩しているので怖がる必要はありません。例えば虫歯になると昔はドリルで歯を削る治療法がメインでしたが、現在は歯茎に薬を塗るだけの削らない治療法があります。また歯を処置するときの薬品の臭いが苦手って言う方は、あえてにおいが少ない薬品を使っている医院もあります。先生も患者さんにいかに快適に治療を受けてもらうかを考えているので安心して通えます。

歯医者を目指すのなら

今はかなりたくさんの歯医者を見かけます。その数は本当に多いことに気づく人が多いことでしょう。それでも中には歯科医師になりたいという人もいることでしょう。歯科医師になるためには、大学の歯学部で専門的な内容を6年間学び、国家試験に合格する必要があります。そして1年間の研修医生活を経て、晴れて歯医者になれるのです。開業する人もいれば、大学病院などに勤める人もいます。しかし、歯科医師も過剰なので、やっていくのも大変になることでしょう。

↑PAGE TOP